FC2ブログ

記事一覧

マップについて考えてみました

先週BLRさんにセッティングしてもらったi-CONⅢですが、どーもイマイチな感じなんですよね。
アクセルを戻した時の「パンパンゴロゴロ」音も多くなったし、乗った感じのフィーリングもあまり良くないんですよ。
てことで、今回設定してもらったマップをマジマジと見てみることにしました。

まずは、元々入ってたNASSERTフルエキ用のマップです。
20170603_01.jpg 
青がアクセル開度で、上方向に行くほど大きくなります。(0%~100%)
赤が回転数で、矢印が逆ですが右に行くほど高くなります。(1000rm~11000rpm)
緑は補正値で、上に行くほど高くなります。

一番手前の青い折れ線がアクセル開度0%時の補正値なんですが、他の開度よりも大きくなってます。
アクセル開度0%で、8000rpmとかって普通に考えるとなさそうですが、これってエンジンブレーキ時のことかなぁって、勝手に思ってます。
現に、このマップにした時に、アクセル戻した時の「パンパンゴロゴロ」音は、格段に減ってました。
途中で急に立ち上がるのは、7500rpm付近で、ここが大きくなるのがちょっとわかんないですよね。もしかしてセカンダリバルブとかの関係ですかねぇ


で、今回セッティングしてもらったマップは、こんな感じです。
20170603_02.jpg 
スケールは一緒です。
赤の矢印が逆なのも一緒です。

アクセル開度0%の補正値が明らかに小さくなってます。エンブレ時の音が、多くなったのもこのせいなんでしょうね。
ピーク値はちょっと上がってますが、全体的にNASSERTマップとあんまり変わってないんですよ。
う~む、汎用サイレンサーとエアクリーナーエレメントってそれ程効果がないって事なんでしょうか。
もうちょっと補正値が上がってもいいと思うんですよね。


てことで、2つのマップを参考にして、こんなマップを作ってみました。
20170603_03.jpg 
スケールはってもういいか。

アイドリング時以外は、全体的に上げています。
濃いかな~、とは思いつつ早速セッティング(笑)
20170603_04.jpg 
今日は、セッティングしただけで実走してないので、走ったらまた結果は報告させてもらいます。


それと、接続を外していたRAPiDBIKE EASYですが、再度、接続しました。

O2センサーの配線は、ココにあります。
20170603_05.jpg 

本来は、ミドルカウルを外した方がいいのですが、さすがに面倒なので、アンダーカウルを浮かせて配線を引き出しました。
20170603_06.jpg 
上がRAPiDBIKE EASYのコネクタで、下がO2センサーのコネクタです。

こんな感じで、O2センサーのコネクタに割込ませます。
20170603_07.jpg 

あとは、ちょっと濃い目になるよう設定してたので、それを元に戻します。

本体は、ラムエアダクトにベルクロで固定しています。
20170603_08.jpg 

本体登場
20170603_09.jpg 

裏ブタを外します。
20170603_10.jpg 
「FUEL RATIO」(右側)が「+3」になってますね。

標準は「+2」なので、戻します。
20170603_11.jpg 

あとは、エンジンをかけてLEDが点灯することを確認します。
20170603_12.jpg 
問題なしです。


実際に走ったフィーリングだけじゃなく、マップごとのパワーチェックも今後したいと思ったりしてます。




↓↓↓ ポチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント