FC2ブログ

記事一覧

レバー交換しました

14Rになってから、クラッチを切ると薬指にレバーが当って痛かったので、レバー交換をしてみました。
ちなみに自分はクラッチとブレーキの両方とも人差指と中指の2本で操作しています。


画像

レバーの形状のせいなのか、クラッチを切ると薬指が当ります。
てか、当るくらいまで切らないとクラッチがちゃんと切れない・・・・・
位置調整のダイヤルは6段階中の「5」になっています。(2番目に遠い)
6にすると遠すぎるし、4にすると更にクラッチが切れないです。
どうも軽くするためなのか、クラッチのストロークも大きい気がします。


交換するレバーはD3Sportのアルミビレットレバーです。

関連サイト

D3Sport:http://www.d3sport.jp/index.html
Webike:http://www.webike.net/sd/20226293/

このレバーは左右セットで\8,113とかなり安く、しかもレバーの長さも調整できる優れものです。
ただ、値段があまりにも安いので、どうかな~って思いつつもポチッとしてしまいました。

パッケージはこんな感じ
画像

画像



色は6色あるのですが、他の部分と合わせるためゴールドにしました。
画像



では、取付け開始~

まず、レバーのビスを増し締めします。
これは『本商品はビスが多用されております。運行前に点検を行い緩みを発見した場合は増し締めを行い、ビスの脱落を発見した場合はすぐに使用を中止してください。一度変形した製品は著しく強度が低下します。絶対に再使用しないでください。』と、注意書きがあったので。

丸の部分のビスを増し締めします。(丸が汚くてスミマセン m(__)m )
結構緩めでした。
画像



まず、レバーの支点(ピボット)となっているビスの裏側にあるナットを外します。
画像



次にビスを外します。
画像



ノーマルのレバーを外します。
画像



外したレバーとビス、ナットです。
ビスとナットは再利用しますので、キレイにしておきます。
画像



キレイになりました。
画像



ここもキレイにします。
画像



新しいレバーを取付けます。
ビスのネジが切ってない部分と、上でキレイにしたレバーの受け部分に薄くグリスを塗って組みます。(裏側のナットも忘れずに~)
画像



14Rの場合は左右の取付け方法に違いはないため、同様に反対側も交換します。


ブレーキ側も交換完了!!
画像



レバーの位置と長さを調整します。
写真は最も長くした状態です。
画像


最も短くすると
画像



自分は冒頭にも書いたように、人差指と中指を使うので、最短にしました。


最後にクラッチとブレーキのスイッチの動作を確認します。

・ブレーキのスイッチ確認
キーをONにしてレバーを握った時に、ちゃんとブレーキランプが点灯することを確認します。

・クラッチのスイッチ確認
ギヤを1速にして、クラッチを握りエンジンを始動します。
エンジンが掛かればOKです。
※サイドスタンドが出ている状態だとエンジンは掛からないので注意!


以上で取付け作業は終了です。


交換したレバーですが、折り曲げ機能も付いています。
こんな感じ~
画像



値段が値段なので精度に不安があったのですが、ノーマルに比べて少しガタがあるように感じますが、問題ないです。(感じる程度です)
ただ、ピボット部分にカラーがなく、プラスチックなので耐久性にちょっと不安があります。
まあ、耐久性はこれから使ってみてどうかですね。

この値段では、十分以上のものだと思います。


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 ← ポチッとお願いします。
スポンサーサイト



コメント

No title

同じ物を隼で装着してましたが、自分は特に機能上の不具合は無かったですね。クラッチ側根元のナット一個紛失してたので定期的増締めチェックは必要かも。

No title

ヨイチさん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
最初の状態も結構緩めだったので、定期的にチェックしていきます。

コメントの投稿

非公開コメント