FC2ブログ

記事一覧

【KLX250】RAPiD BIKE EASYとシートレール補強プレート取付

今回は、KLXにRAPiD BIKE EASYとシートレール補強プレートを取付けました。
まずは、RAPiD BIKE EASYから。

RAPiD BIKE EASYとは、マフラーのO2センサーに接続して、燃調を調整する装置です。
詳しくは、JAMさんのホームページを見てください。
で、これなんですが、以前14Rに付けてたものなんです。

■過去記事

20190602_01.jpg
今現在は、14RにはRAPiD BIKE Evoを付けているので、使ってなかったんです。
欲しい方がいれば売ろうかと思ってたんですが……
マニュアルを見てみると、KLXの場合の設定が載っていたので、使えるかなって思って試してみました。
基本的には、O2センサーの値を補正するだけなのでコネクタが合えば大丈夫なんだと思ってます。

中身は、コネクタと本体だけです。
20190602_02.jpg

本体のボリュームは、左が「4」で右が「+2」がKLX用です。
20190602_03.jpg
ちなみに、14Rは左が「2」になります。
恐らく、左がO2センサーの種類により変更する部分で、右が補正量だと思います。

では、取付けます。
KLXのO2センサーのコネクタはシート下にあるので、シート外す必要があります。
なので、サイドカバーを左右とも外します。
20190602_04.jpg

20190602_05.jpg

20190602_06.jpg
シートの固定は、サイドカバーのボルトと共締めになってます。

あとはシートベルト(?)を外します。
20190602_07.jpg

シートを後方に引くと、シートが外れます。
20190602_08.jpg

仮付けして動作を確認しました。
20190602_09.jpg

LEDが点灯すればOKです。
20190602_10.jpg

あとは、固定するだけなんですが、KLXはスペースがなくて、これが一番苦労しました。
なんとかこんな感じで付けました。
20190602_11.jpg

20190602_12.jpg

せっかく燃調もするので、これを機にバッフルを外しました。

びふぉー
20190602_13.jpg

あふたー
20190602_14.jpg


次は、シートレール補強プレートです。
ものは、こんなやつです。
20190602_15.jpg
アルミ板を切って、穴を開けただけのものです(笑)
自作しようかとも思ったのですが、値段も高くはないので買ってしまいました。

これをどこに付けるのかと言うと、シートレール下のノーマルマフラーが付いていたところです。
20190602_16.jpg
ノーマルマフラーはシートレールの補強も兼ねているようで、マフラーを交換するとここの強度が落ち、曲がったりクラックが入ったりし易くなるようです。
まあ、そこまで激しく走らないと思いますが。

ここにプレートを付けて完了です。
20190602_17.jpg


さて、試走と行きたいところなのですが、それは後日



↓↓↓ ポチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント