FC2ブログ

記事一覧

【KLX250】RAPiD BIKE EASY取付後の確認

先週の木曜日の事ですが、休みが取れたのでRAPiD BIKE EASYの状況を見るために走ってきました。
それと、バッフルも外したので。

行先はいつもの土手です(笑)
準備します。
20190613_01.jpg
今回はタンクバックの他に、ウエストバックも持っていきました。

天気が良くて、ちょっと暑いくらいでした。
20190613_02.jpg

で、到着
20190613_03.jpg
橋の下でちょっと休憩 (日陰なので)

あ、今回からシールドはやめて、ゴーグルにしてみました。
20190613_04.jpg


なんか、ゴーグルの方が風が入って涼しく感じました。

で、江戸川を遡上していきます。
途中、草の海があったので、撮ってみました。
20190613_05.jpg
後ろのとこなんですが、風で草がたなびいて海みたいに見えたんですけど……
写真だと、解らないですね。

路面は暫くジャリだったんですが、五霞に入ったあたりから土に変わってきました。
前日の雨もあり、所々に水たまりがあるような状況でした。
幸手に入って、暫く行ったところで道が終わってました。
20190613_06.jpg

この先はこんな感じになってます。
20190613_07.jpg
行こうと思えば行けなくはないかもですが、ソロだと何かあった時にヤバイのでここで引き返しました。

来た道を振り返ってみました。
20190613_08.jpg
一応ここまでは、クルマが通った後があったんですけどね。

位置は丁度、江戸川と利根川が分岐するとこでした。
20190613_09.jpg
草が凄くて、川が見えなかったんです。

土と水たまりを少々走ったので、バイクがこんなことに
20190613_10.jpg

20190613_11.jpg
帰ったら洗わないとね。


それでは、インプレの方を書きますね。
まず、バッフルを外したので音はかなり大きくなりました。
ここでは気付かなかったのですが、帰りにちょっと渋滞にはまった時、4000rpm以下のレスポンスが凄く悪くなりました。(エンジンが熱くなると出る?)
パワーもない感じですね。
帰ってから、他の方のブログとかで調べてみたのですが、抜けのいいマフラーを付けるとこうなることがあるようです。
どうやらKLXは、排ガス対策のために低回転時はものすごく空燃比を薄くしているみたいなんです。
それの影響らしいです。
恐らくRAPiD BIKE EASYでは補正しきれないほどなんだと思います。
そもそも設計自体が古いエンジンですから、それを排ガス規制に適合するようにいろいろやってきたんでしょうね。
まあ、対策はいくつかありますので、ちょっとやってみてダメならバッフルを戻そうと思います。



↓↓↓ ポチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント