FC2ブログ

記事一覧

【KLX250】冷却水交換

今日は、KLXの冷却水を交換しました。
まだ2000kmくらいしか走ってないんですが、KLXのファイナルエディションは2016年製でいつ交換してるのかわからないため交換しました。
確か納車の時もオイルは交換したけど、冷却水は交換してなかったので。

まずは、ドレンボルトを外します。
20190901_01.jpg
矢印のボルトになります。

拡大すると
20190901_02.jpg
10mmです。

次にラジエターキャップを外します。
20190901_03.jpg
丸いキャップって珍しいですよね。

シュラウドを付けたままだと外れないので、シュラウドを取りました。
20190901_04.jpg
矢印のところにネジがあるんですが、これを緩めないとキャップが回りませんでした。

すると冷却水が出てきます。
20190901_05.jpg

左サイドカバー内にあるリザーブタンクの冷却水も抜きます。
20190901_06.jpg
写真は、抜いた後です。
下側のホースを抜いて、冷却水を抜きました。

あとは、ドレンボルトとリザーブタンクのホースを元に戻して冷却水を入れます。
使用した冷却水は、14Rと同じ「ヒートブロックプラス」を使いました。
20190901_07.jpg
14Rと共通にすれば余った冷却水を使い回しできるので。


冷却水を入れる時にホースを軽く揉んでなるべくエアーが入らないように入れました。
リザーブタンクにも冷却水を入れます。
20190901_08.jpg


あとは、ギヤポジションインジケータを汎用ステーで固定しました。
20190901_09.jpg

20190901_10.jpg
汎用なので、穴のサイズが合わなかったりしたので、リーマーやリューターを使ってちょっと加工しました。
まだちょっとシックリこないので、また変更したいと思います。(いつになるのか)



↓↓↓ ポチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント